Catalyst賞

GEC Catalyst Awardsは、世界的な持続可能性を促進するために、技術の設計、製造、使用における革新を促すことを目的としています。GECは2つのCatalyst Awardsを提供しています。1つ目は、"Catalyzing Impact at Scale "で、ITの設計、製造、使用により、大規模な持続可能性への影響を達成した組織を評価します。2つ目は「Catalyzing Disruptive Innovation(破壊的イノベーションの促進)」で、最先端の技術を設計したり、広く採用されれば飛躍的な持続可能性の向上につながるような方法で技術を使用した組織を表彰します。

Catalyst Awardsでは、毎年異なるテーマを取り上げています。

表彰の機会

GEC Catalyst Awardsは、エレクトロニクスに関連するサステナビリティの成果を表彰するための国際的なプラットフォームです。この賞は、独立した著名な専門家が受賞者を選ぶ際の推奨事項となっています。さらに、GECは、受賞者がその功績を何千人もの同業者にアピールすることを推進しています。GEC Catalyst Awardsのファイナリストと受賞者は、以下のサイトで紹介されます。

  • GECカタリスト・アワード受賞者を、GECのウェビナーシリーズ「自然界の保全・保護におけるテクノロジーの役割」の中で紹介し、ウェビナーの録画をオンラインで公開する。
  • 技術の応用に関心のある複数の業界団体や調達団体へのGECによるプロモーション(例:センサー、保護活動に使用する無人航空機やドローンなど)
  • GECによるウェブサイト、ソーシャルメディア、関連するプレスリリース、ニュースレターでのプロモーション

過去の受賞者

2019年カタリスト・アワード受賞者

2019年のGEC Catalyst Awardsは、世界の都市やコミュニティの持続可能性を促進するためのセンサーの設計、製造、使用、再利用、リサイクルにおけるイノベーションを表彰しました。

Winner Catalyzing Impact at Scale

フランス・アンティーブ市

フランスの海岸沿いのリゾート地であるアンティーブ市の人口は8万人で、夏季には20万人以上に膨れ上がります。アンティーブ市の水道は、観光経済に欠かせないものであり、315km、40,000箇所以上の配水網を有しているため、システムの安全性と経済性を高めたいと考えていました。アンティーブの回復力を高めるために、SIGFOX社、SAP社、VEOLIA社と提携し、配水システムのデジタル化を行いました。2,000個のセンサーを備え、既存の資産の大部分を活用する技術と、エンドツーエンドのセキュリティが組み込まれた低消費電力のIoTネットワーク上で新しいセンサーを混在させる機能により、同市はより経済的に実行可能な、持続可能で安全な配水システムを構築することができました。このソリューションは、アンティーブ市が故障を予測し、メンテナンススケジュールを最適化し、将来のインフラ投資の計画を立てるのに役立ちます。その結果、アンティーブの市民が支払う水道料金は、フランス国内の半分以下になりました。

受賞者 Disruptive Innovation

フェンド社

エネルギー・公益産業界におけるサイバー攻撃の被害額は、年間平均1,320万ドルにのぼります。フェンドのデータダイオードは、都市をより賢く、効率的に、そして強靭にする可能性を秘めたセンサーやIoT機器に、必要とされるサイバーセキュリティを提供します。このハードウェアは、かつては原子力発電所や軍用に限られていたクラスのサイバーセキュリティ技術を用いて、産業機器のリアルタイムデータを必要な場所に届けます。データダイオードはデータを一方向にしか送信しないため、攻撃者はネットワーク接続に物理的に侵入したり、マルウェアを送信したり、企業の情報ネットワークに侵入したり、レガシー機器をランサムウェアのバックドアとして使用したりすることができません。フェンドのソリューションは、パッチを必要とせず、動作時の消費電力は2ワット以下で、何年も使えるように設計されており、寿命が来たら簡単に分解してリサイクル可能な部品にすることができます。Fend社のデータダイオードは、世界中の都市に迅速に設置することができ、どこでもスマートシティに強力なサイバーセキュリティの防御を提供します。

2019年カタリスト・アワード受賞者

アクリマ
世界保健機関(WHO)の推計によると、世界の10人中9人が汚染された空気を吸っており、年間700万人の早死にが発生していると言われています。今日の固定式大気質モニターは高価で、適用範囲が限られており、低解像度のデータを提供しています。このような限界に対処するため、Aclima社は、モバイルセンサーをベースにした最先端の機械学習および検出技術を開発しました。この技術は、従来のアプローチよりも低コストで、空間分解能を向上させたハイパーローカルな大気質マッピングを提供します。 この技術は、大気汚染や気候変動に伴う排出物の情報を、これまでにないブロック単位の解像度で提供し、政府、企業、研究者、一般市民が、排出物を削減し、公衆衛生を守るために、地域レベルおよびグローバルレベルで力を発揮します。Aclima社は、今後5年以内に、ハイパーローカルな大気質データと知見を世界の10億人以上の人々に提供することを目指しています。
CAPA Strategies, LLC
猛烈な熱波の頻度は増加しており、他のすべての自然災害を合わせたよりも多くの人命が失われています。そこで、世界的な気候コンサルタント会社であるCAPA Strategies社は、地域によって気温がどのように変化するかを地域住民に理解してもらうことを目的とした「Urban Heat Watch」プログラムを立ち上げました。このプログラムでは、リサイクルして再利用可能な3Dプリンターで作られたセンサーを車や自転車に取り付け、オンラインのツールキットを使用して、最新の機器と検証済みのプロセスを利用して、地域の暑さを高解像度で表現しています。オープンソースの電子ボードには、1秒ごとに温度と湿度を測定するセンサーが搭載されており、参加者は1日のうち3回、キャンペーンを実施します。オープンソースのソフトウェアを使用した分析には2週間を要し、その結果、暑さの分布の理由を解釈するためにコミュニティを巻き込むためのプロセスが作成されます。その後、参加者は地域のプランナーや公衆衛生の専門家などと協力して、グリーンインフラの拡大、冷房サービス、エネルギーシステムへの投資など、猛暑による影響を軽減するための戦略の機会を特定します。2015年以降、米国の9都市がすでにキャンペーンを実施しており、2019年にはさらに15都市、2020年には30都市以上と連携することが期待されています。CAPAは、米国海洋大気庁の支援を受け、2020年1月に次回のヒートキャンペーンの募集を行う予定です。
デンバー市・郡の公衆衛生・環境局
デンバー市とデンバー郡は、デンバー公立学校と協力して、センサーを使ってリアルタイムに大気質データを提供する監視ネットワーク「LoveMyAir Denver」を構築しました。 このチームは、低コストで最先端の大気汚染センサー技術を、太陽光発電、蓄電池、データ接続機能を備えて再開発し、情報ダッシュボードとともに、地域の20校に設置しています。 市のビジョンは、この超地域的な大気質データを利用して、デンバーのコミュニティが汚染物質への曝露を減らしたり制限したりできるような、エビデンスに基づいた文化的に対応したプログラムを開発し、デンバー公立学校の喘息率の低下につなげることです。
ヒューマンオリエンテッドな製品 ユビキタス
Human Oriented Products Ubiquitous(HOPU)は、技術者や都市計画者が意思決定プロセスにおいて、持続可能性、気候変動、大気の質、人間中心の指標を考慮することを支援するために、人工知能アルゴリズムに基づいたダッシュボードと意思決定支援機能を備えた、センサーとデータを活用したツール「Smart Spot」を作成しました。 Smart Spotは、HOPUが自社で製造したセンサーやIoTデバイスを活用し、特定の地点の大気汚染データをリアルタイムに収集します。 このデータは、HOPUの機械学習アルゴリズムによってスクラブされ、センサーの測定精度が向上した後、プロジェクトや投資の社会経済的評価の一部として使用できる、人間に関連した指標に変換されます。 スマートスポットは、すでにカルタヘナ、マドリッド、ブルージュ、ヘルシンキなどの都市で、気候変動対策のアクションプラン作成に貢献しています。
オレゴン州ポートランド市
ポートランド市のSmart City PDXチームは、地域の大気質に関する情報をもっと知りたいというコミュニティの要望に応えて、低コストの大気質センサーテストプロジェクトを設計しました。 ほとんどの大気質センサープロジェクトは、センサーの限界とデータの質を評価することに重点を置いていますが、このスマートシティPDXプロジェクトでは、技術と持続可能性の両方を考慮した手法を用いています。 Smart City PDX」では、電子機器の廃棄を最小限に抑えるために、センサーデバイスのアップグレードや変更が可能であることを調達基準にしました。この基準は、Apis, Inc.がモジュール式センサーソケットを採用した低コストの大気質センサーデバイスを設計する際に影響を与えました。この設計により、電子機器の廃棄物が減り、有害な固体・液体の廃棄物も減りました。スマートシティPDXやその他の自治体は、これらの基準を簡単に適用して、プロジェクトの規模を拡大したり、大気質以外のさまざまなセンサー機器を開発することができます。
Seametrics Inc.
水位・水質センサメーカーの現在の業界標準は、密閉型ユニットを製造することです。つまり、センサが動作しなくなった場合、廃棄して新しいユニットと交換しなければなりません。Seametricsは、環境に優しいツイストロックとコンプレッションフィッティング設計の水位・水質センサを製造しています。 この設計により、センサーを部品に分解して修理したり、部分的に分解してバッテリーを交換したりすることができます。この新しい修理モジュールは、交換可能な電池とともに、センサーの製品寿命を延ばすための新たな手段となります。 このように再利用に重点を置いた設計により、Seametricsの顧客は、頑丈な精密機器であるだけでなく、持続可能なセンサーを手に入れることができます。 2年間の大規模なマーケティングを経て、Seametrics社は2019年に修理モジュールの提供を開始し、再利用可能なセンサーを業界標準にしたいと考えています。
バージニア州海洋科学研究所
バージニア州のハンプトン・ローズ地域は、東海岸で最も高い海面上昇率を示しており、170万人の住民が頻繁に洪水の危険にさらされています。 ハンプトン・ローズの自治体とウィリアム&メアリー大学バージニア海洋科学研究所の共同プロジェクトであるStormSenseは、同地域の水位センサーの数を2倍に増やしました。このソリューションは、65個以上のセンサーから6分ごとに水位データを取り込み、変換し、集約します。 これらのデータは、高潮警報の自動化に使用されます。この洪水警報は、リアルタイムに、また将来の洪水発生の最大36時間前には一般市民にも公開されます。 この機能は、コミュニティが海面上昇と沿岸の洪水の悲惨な影響に、再現性、拡張性、測定可能な方法で準備・対応するのに役立ちます。 2019年、StormSenseは、他の都市がこのセンサーベースのソリューションの恩恵を受けられるよう、センサーとモデリングソフトウェアを商業化するための資金を得ました。

2019年Catalyst Awardsファイナリスト

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ
ドバイは、「最も技術的に革新的で、環境的に持続可能で、地球上で最も幸せな都市」という独自の目標を掲げています。この目標を達成するために、アラブ首長国連邦の通信事業者であるデュ・テレコムは、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)と5年間のパートナーシップを結び、「Smart Dubai Platform」を構築しました。HPEとdu Telecomは共同で、1,000の電子サービス、26の政府機関、25万台のスマートメーターから毎日生成される25億GBの新規データを解析しています。また、フィードバック機構を備えたセンサーが街中に設置されているため、市当局はどのシステムがうまく機能しているのか、どのシステムが機能していないのか、また、市民へのサービスを向上させるために街をどのように進化させればよいのかについての洞察を得ることができます。これらのデータを活用することで、「スマート・ドバイ」はわずか11カ月で市民の幸福度を90%にまで高めました。ドバイは、世界各地で同様の取り組みを行うために、様々な国際的なスマートシティ関係者のグループとその事例を共有しています。

国際電気通信連合
国際電気通信連合(ITU)は、情報通信技術の専門家と協力して、オープンで相互運用可能なスマートシティ・プラットフォーム(SCP)の開発において都市を支援するための勧告を策定しました。 勧告ITU-T Y.4201およびITU-T Y.4200は、都市のセンシング、インフラ管理、気候変動、市民を中心とした統合サービスなど、都市が抱えるさまざまな課題に対応できる、オープンで相互運用可能なSCPの青写真を示しています。これらの提言は、都市がさまざまなセンサーネットワークで収集したデータを循環させ、それらを実用的な洞察に変換することで、都市のステークホルダーがより良い意思決定を行えるよう支援するものです。 中国やスペインの都市では、すでにこの提言を実施して成功を収めており、世界の他のいくつかの都市でも、この規格の実施を進めています。

テキサス大学オースティン校 インテリジェント・エンバイロメンツ・ラボラトリー
センサーによる照明の自動化は、エネルギー消費量の削減に役立ちますが、多くの場合、居住者の快適性を考慮しておらず、仕事の生産性や健康に影響を与える可能性があります。LightLearnは、居住者の快適性とエネルギー効率を両立させることを目的としたインテリジェントな照明制御システムです。従来の照明オートメーションと同様に、占有率、スイッチの位置、昼光の情報を利用しますが、居住者がオートメーションを上書きすることも可能です。LightLearnは、居住者と積極的に対話し、居住者の満足度と省エネの両方を達成するための最適な制御セットポイントを学習します。最近の研究では、LightLearnは、スケジュールベース(82%)および占有ベース(21%)と比較して、居住者の快適性を維持しながら、照明の稼働時間を大幅に削減できる可能性があると指摘されています。LightLearnは低コストで設置が容易な装置であり、他の建物でも再現することができます。
米国環境保護庁、ENERGY STARスマートホームエネルギーマネージメントシステム

住宅は、米国のエネルギー使用量の20%を占めており、省エネのための理想的な部門となっています。 米国環境保護庁(EPA)のENERGY STARスマートホームエネルギー管理システム(SHEMS)プログ ラムは、サービスアルゴリズム、ユーザーインターフェース、稼働センサー、および制御された機器の組み合わ せたパッケージを提供することにより、エネルギー使用量を管理し削減するスマートホームシステムを定義し認 めるための最初の国家的取り組みを策定した。 EPA は、任意の国家認定基準の展開を通じて、すぐに利用可能な省エネ効果を生み出すための基準を策定した。 EPA は、統計的に有意な期間にわたって収集されたデータを使用して、異なる SHEMS サービスのエネル ギー性能を客観的に比較する単一の性能指標を策定する予定であり、これにより EPA は、戦略や技術を 規定することなく、今後の基準において省エネルギー目標を定めることができるようになる。