資源の持続可能な利用に関する基準(案)」ウェビナー

2022年5月25日

グローバルエレクトロニクスカウンシルは、気候変動の緩和、資源の持続可能な利用(または循環型)、懸念される化学物質の削減、企業のESGパフォーマンスなど、持続可能性の優先的影響に沿ったEPEAT基準を改訂する複数年にわたる取り組みを行っています。これらの「モジュール式」基準は、完成後、EPEATのすべての ICT 製品カテゴリーに適用される予定 です。

このウェビナーではs持続可能な資源利用のための基準(案)のレビュー をレビューし提供します。stの基準案と、基準の背後にある論理的根拠を提供しています。 持続可能な資源の利用」基準は、ライフサイクルにおける考慮事項を取り上げている。 循環を促進する循環型社会資源循環と省資源を促進するライフサイクルの考慮事項を取り上げる。を含む。

  • 重要金属およびレアアースを含む、金属およびプラスチックのリサイクル含有量
  • 製品の寿命と修理サービスへのアクセス
  • リユース・リサイクルを前提とした製品設計
  • 安全なデータ消去
  • 責任あるエンドオブライフ・マネジメント
  • パッケージング、および
  • サプライチェーンの上流にある水と廃棄物の管理。

製品、包装、サービスに関する閾値要件を定めるだけでなく 購入者の選択 性を高める ために 製品 構成やサービスに関する情報開示の要件などを通じて 透明性を高めて います。持続可能な資源の利用」基準は、国際的に認められた様々なベストプラクティスを取り入れており、グローバルに通用するものとなっています。

持続可能な資源利用」の基準 案は 2022年7月18日を締め切りとする60日間の パブリックコメント期間に入っています。 この ウェビナーでは、基準 に対するパブリックコメントの提出方法について説明します。

 

パネリスト情報

  • グローバルエレクトロニクスカウンシル、クライテリア&カテゴリーデベロップメント、シニアディレクター、パティ・ディロン氏
  • グローバル・エレクトロニクス協議会 サステナビリティ基準開発担当ディレクター Erica Logan氏
  • NSFインターナショナル規格開発担当ディレクター Jessica Evans氏
  • NSFインターナショナル、サステナビリティ・スタンダード・リード、グレタ・バラガー氏

注意:録画を読み込むには、当社ウェブサイトのポップアップブロッカーをオフにする必要があります。