EPEAT登録

EPEATは、世界をリードするエレクトロニクスのエコラベルです。そのため、世界中の調達担当者は、持続可能な電子機器を見つけるための無料のリソースとして、EPEATとその強力なオンラインレジストリを利用しています。

EPEATの無料オンラインレジストリには、他のどの電子機器エコラベルよりも多い、数千もの製品が登録されています。50以上の既存および新興ブランドが、以下のカテゴリーでEPEAT製品を登録しています。コンピューターとディスプレイ、画像機器、携帯電話、ネットワーク機器、太陽光発電、サーバー、テレビ。

Global Electronics Council(GEC)は、EPEATレジストリを管理しており、メーカーのEPEATクレームに対する第三者検証を行うConformity Assurance Bodies(適合性保証機関)も含まれています。

製造者は、製品のライフサイクル全般にわたる影響に対処するEPEATの必須基準およびオプション基準を満たす機器であることに基づいて、製品をEPEATに登録することができます。そのため、製品の設計や生産、エネルギー使用、リサイクル性、修理性などを考慮する必要があります。

EPEAT レジストリは、現在EPEAT の基準を満たしている製品を検索可能なウェブサイトに掲載しています。

EPEAT For Procurement

無料のオンラインEPEATレジストリは、調達担当者が製品カテゴリー、メーカー、EPEATランクに基づいて、より持続可能な電子機器を検索できるようにするものです。

EPEAT登録製品はすべて、サステナビリティに関する厳格な必須基準をクリアしています。さらに、メーカーによっては、より高いEPEATレベルの認定を受けるために、追加のオプション基準を満たすことを選択する場合もあります。そのため、製品は3つのランクに分類されています。

ブロンズ評価製品は、EPEATの必須基準をすべてクリアしています。さらに、Silver-ratingの製品は、オプションの基準の50%以上を満たしています。その後、Gold-rated製品は、必須基準のすべてとオプション基準の75%以上を満たしています。

購買者は、RFPや購買契約にEPEATを追加することで、より持続可能な製品を購入することを希望または要求していることを容易に伝えることができます。EPEATの指定方法に関するガイダンスとして、モデル契約言語が利用可能です。

また、購入者は無料のEPEATベネフィット・カリキュレーターを使って、調達の影響とベネフィットを定量化することができます。これらの計算機では、コスト削減や温室効果ガス排出量の削減など、いくつかの環境影響に関するデータを生成します。

EPEATレジストリを使用して、組織のサステナビリティ目標を達成する方法。

  1. EPEAT レジストリを無料で検索
  2. EPEAT登録製品の提供をベンダーに求める
    1. ベンダーと協力してコスト削減につながるEPEAT登録製品を探す
    2. モデルポリシーと 契約文のダウンロード
    3. EPEATを購入契約に明記
    4. ベンダーに対して、すべての販売におけるEPEAT登録状況の報告を義務付ける
  3. EPEAT購入者として認定される
    1. EPEAT購入者アワードに応募する
    2. その他の購入者向けリソースにアクセスする
    3. お問い合わせはこちらから
  4. 進捗状況の把握と測定
    1. GRIおよびCDP報告書にEPEATの購入を含めるための無料ガイダンスをご利用ください。
    2. コスト削減効果の算出
    3. 環境効果の算出
  •  
  1.