EPEATエコラベルの企業ESG基準のための技術委員会発足 - 今が参加のチャンスです!

グローバルエレクトロニクスカウンシル(GEC)は、電子製品のライフサイクルを通して、企業の ESG パフォーマンスに対応する基準を開発しています。これらの基準は、EPEATの全てのICT製品カテゴリー(コンピュータとディスプレイ、携帯電話、画像機器、サーバー、テレビを含む)に活用される予定です。この参加募集は、特に上流の電子機器サプライチェーンにおいて、責任ある社会・環境パフォーマンスを促進するためのサステナビリティリーダーシップ基準を評価し、合意を得るためのマルチステークホルダー技術委員会に参加する機会を関係者に通知するためのものです。GEC は、自主的な合意形成プロセスの管理について幅広い専門知識を有するNSF インターナショナルの協力を得て、技術委員会を招集し、管理する予定である。

この基準は、労働と労働安全衛生、ソーシャルサプライヤーの監査と透明性、責任ある鉱物調達、企業の環境管理システムなどを含む、社会・環境リスクを軽減するためのベストプラクティスを取り上げるものです。

技術委員会委員資格の申請期限は 2022年8月31日午前0時(米国東部時間. 技術委員会メンバーに関する追加情報および申請書については、参加募集をご覧ください。

コーポレートESGパフォーマンス」は、現在開発中の4つのクライテリアモジュールの一つで、EPEATの全製品カテゴリーに適用される予定です。他のクライテリアモジュールには、気候変動緩和、持続可能な資源利用、懸念される化学物質が含まれます。これらのクライテリアモジュール、GECのクライテリア開発プロセス、参加オプション、予想されるスケジュールの詳細については、サステナビリティインパクト別クライテリアモジュールの 概要をご覧ください。

技術委員会の申請に関するご質問は、NSF(GBaragar@NSF.org) の Greta Baragar までお願いします。企業 ESG 基準や基準策定プロセスに関するご質問は、GEC にご連絡ください。Criteria@gec.org。