2024年国際エレクトロニクス・リサイクル会議のGECパトロン

GECは国際エレクトロニクス・リサイクル会議(IERC)2024の公式後援リストに加わった。IERC2024は1月17日から19日までオーストリアのザルツブルグで開催される。

EPEAT Climate+の紹介

Climate+」は、先進的なエレクトロニクス・ブランドとカーボン・コンシャスな購買層を結びつけることを意図した新しい製品呼称である。

EPEAT気候基準

エレクトロニクスが気候変動に与える影響への対応

グローバル・エレクトロニクス・カウンシルは、持続可能なテクノロジーを推進します。

Global Electronics Council™ (GEC) は、持続可能な技術のみが売買される世界を実現するために、購買者の力を活用することを使命とする非営利団体です。GECは、調達担当者がより持続可能な製品を識別し選択するための無料のリソースであるEPEAT™エコラベルを管理しています。さらに、EPEATエコラベルは、メーカーが自社の製品が最高の持続可能性基準に適合していることを証明するためのリソースでもあります。

GECでは、テクノロジーは私たちの生活に欠かせない大切なものですが、それには代償が必要だと考えています。電子機器は持続不可能な量の天然資源を消費し、気候変動の原因となり、世界で最も増加している廃棄物の流れであるE-wasteを増加させています。

製品を大量に購入する機関投資家は、より持続可能な電子機器に対する需要を促進する力を持っています。同様に、エレクトロニクス・ブランドは、人々や地球への悪影響がより少ない製品を販売することで、市場でのリーダーシップを発揮することができます。

グローバルエレクトロニクスカウンシルとEPEATは、購入者とメーカーが以下のような影響を与えることを支援しています。

 

EPEATを通じて購入したサステナブル製品

メガワット時省エネルギー量

温室効果ガス削減量(メートル トン

コスト削減額(米ドル

特集
リソース